子供たちが不登校になる理由は基本的に学校でのイジメ

不登校になる原因は色々とあり、十人十色の理由が存在します。ただ突然今まで普通に学校へ通っていた子供たちが不登校になった場合、理由はいじめである確率が高いです。いじめは残念ながら無くなる事がありません。

様々な啓発活動が実施されていますが、ある意味で弱い人物をターゲットにしてからかう事は、ある種のヒトの本能です。
これを集団生活を通して自制するように成長させるのが、子供たちにとって必要な学びです。

ところが近年では教師の指導力の不足が指摘されています。

クラスの中でいじめ問題が起きているのに全く知らない教師や責任を取りたくない一心で学校内でのトラブルを見過ごす教師が多くなりました。悪質な場合は担任教諭が自らリーダーのような役割を担い、率先してクラス内で立場の弱い生徒をからかったり、いわゆる弄りの対象にしています。

もし子供が突然不登校になってしまったら、どうすべきなのでしょうか。


まず最初に取り組むべきアクションは、学校への相談です。

しっかりとした学校を不登校が一般的になってきました。

以前に比べて学校への不信感を募らせる親御さんは増えてきました。

担任教諭が信頼できないと吐露する方々もいらっしゃいます。



しかし、担任教諭がダメでも、他の先生であれば真面目に真摯に対応してくれる可能性があり、最初から教育委員会や弁護士に相談するは早計です。
学校に事態の流れを説明する事で、ほとんどの場合は的確な処理が行われ、子供たちが不当な暴力やいじめを受ける事はなくなります。


それでもなお、事態が進まない時は外部の専門家に相談しましょう。